壁紙(クロス)で部屋の印象はこんなに変わる!写真で説明

家づくり

注文住宅を建てるときの楽しみの一つが、壁紙・クロスだと思います。

シンプルにしたいと思ったり、アクセントクロスで遊んでみたいと思ったり…ウキウキする一方で、だんだんと迷走しちゃうんですよね。

わが家が選んだクロスを紹介しながら、どんな風に印象が変わるのか、体験談をお伝えできればと思います^ ^

白いクロスなんてどれも同じ?いえいえ…

家の大部分を占めるのは、白い壁紙だと思います。

カタログを見せられるとびっくりしますよね。その種類の多さに!

え、たかが白い壁紙に、こんなに選択肢があるのー?!

当時は夫とビビったものです。

あまりクロスで遊ぶ勇気がなかった私たち。広い面積を占める白クロスは、できるだけ無難なものにしたいねーと話していました。

白い壁紙は、大きく織目調と塗壁調に分かれます。わが家はほとんどを塗壁調にしました。

面積の広いリビング凹凸の細かい塗壁調に。逆に狭い洗面所凹凸があらい塗壁調にしました。

文章だとわかりにくいと思うので、写真を…。

こちらがリビングのクロスです。

そしてこちら↓

これが洗面所です。違いがわかりますか?

リビングにはこだわりの家具などを置くので、あまり個性的な壁紙にしたくありませんでした。

凹凸が細かい方が馴染むのかな?と思い、リビングに採用したのです。

そしてしばらく住んでみた感想は…

凹凸が細かい方が、結構目立ちます!

白い壁紙は塗壁調か織目調どっちにするべき?わが家が選んだクロスのまとめ!でもまとめている通り、クロスは貼ってみればたいがい目立たなくなります。

サンプルでみているのとは印象が変わるものです。

それでも2つのクロスを見比べてみれば、印象は全く違います。

たぶんその違いは、陰影から来るのかな?と。

凹凸には光が当たることで、当然影ができます。凹凸が細かければ、当然その影も増えるので、でこぼこがわかりやすくなっているのだと思います。

一見荒い凹凸は存在感があるように見えますが、貼ってしまえばのっぺりした印象です。

狙いとは違いましたが、これはこれで気に入っています^ ^

クロスは部屋の明るさにも影響する

次にアクセントクロスです。

ほかの記事でわが家のアクセントクロスについてもまとめていますが、今回は部屋に与える影響について。

わかっていたことなんですが、住むと実感します!

クロスって本当に部屋の明るさに影響します!

たとえばさきほど紹介した洗面所ですが、アクセントクロスは明るい水色を採用しています。

その洗面所を夜に撮影した写真がこちら。

窓の向こうが暗いのがわかると思います。

でもなんとなく明るく感じませんか?実際にはもっともっと明るいんです。

逆に、同じ北側に位置しているわが家の寝室がこちら。濃いグレーと濃い床を採用しています。

画質が粗くてすみません…

窓を見てください。真昼間に撮影しました。

でもやっぱり暗い印象ですよね。

洗面所と同じ北向きなのに、昼でも電気をつけないとなんとなく薄暗いです。

ちなみに洗面所は、昼は電気なしでもOK。

アクセントクロス一つで印象が変わるのは予想していましたが、照明の使い方にまで影響するんですね。

住んでみないとわからないことでした。

クロスは明るければいいの?どうやって決める?

ではクロスは明るければいいのでしょうか。

結論から言えば、好きなものを選んだらいいと思います!

現にわたしも、暗い印象になった寝室ですが、落ち着くので大好きです。

なんとなく静かな雰囲気になりますし。

じゃあなぜ今回の記事をまとめたか。1番言いたかったことは、クロスひとつで印象が変えられるということです。

たとえ白い壁紙であっても、違う種類にするだけで印象は変わります。

部屋ごとに印象を変えたいのに、標準の選択肢にはあまり種類がない…と悩んでいても、違う種類を選ぶとかなり印象がかわりますよ!

とは言え、マイホームの顔にもなるクロス。せっかく理想があるのなら、思い切ってオプションから選ぶのも一つだと思います。

特にアクセントクロスなら1面だけなので、そこまでコストはかからないはず、

見積もりだけなら無料。タダなので、ぜひ確認してみてください!

以上壁紙についての記事でした^ ^

ブログランキング参加してます↓
注文住宅(施工主)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました