新築をキレイに保ちたい!入居準備で大事なこと

家づくり

憧れのマイホーム。手に入れたらキレイを保ちたい!と思いますよね。

キレイを保つ、そのモチベーションも保つ…というのが難しいんですが。

何事も最初が肝心です。わが家は新築一戸建てでしたが、中古でもリノベーションでもマンションでも、やってみる価値あり!

わたしが実際にやったことをまとめてみますね^ ^

水回りのカビ予防に!テープでガード

浴室ドアに、髪の毛が溜まっているかと思いきやカビだった…

なんてことはありませんか?

わたしは掃除が苦手ですが、お風呂掃除に関しては嫌いと断言できます。

なぜならすぐにカビがはえてくるから。

だから新築に引越したら、ぜったいに防止しようと意気込んでました!

そこで用意したのがこれ。

メンディングテープです。

ありとあらゆるコーキング部分に貼っておけば、汚れてきた時にはがすだけでいいんです!

画期的。

本当は開くドアがよかったのですが、面積の関係上折戸にしました。

それでも問題なくペタペタできました!

ついでに洗面所と壁部分にも貼っておきます。

マスキングテープを貼ることもできますが、素材によっては目立つ場合があります。その点、メンディングテープだとマットなのでほとんど目立ちません。

ただし、壁紙によってははがすときに傷む可能性もあるようです。貼るときは目立たないとこで試してからにしましょう。

冷蔵庫の上にサランラップ

冷蔵庫に限らず、背が高い部分の掃除って億劫ですよね。

さっと拭くだけとはいえ、踏み台を用意して背伸びをする…この1ステップが加わるだけでとても面倒に思えます。

しかも普段目に見えないので、まぁいっかと放置すると…

みるみるたまります、ホコリが。

しかもキッチンでは油を使うので、位置関係によっては油とホコリが合わさり、結構ガンコな汚れになるんですよね。

拭いても拭いてもボロボロになる感じです。

こちらも汚れる前にサランラップを貼るだけ!

これによって、多少ホコリがついてしまっても、サランラップを取り替えるだけですみます♪

わたしはこの一回でさえ面倒になったので、夫にお願いしましたが…

形状にもよりますが、レンジフードの上部分にも応用できます。オススメです!

布家具に撥水スプレー

ソファやダイニングチェアのクッション部分など、引越し早々汚したくない布製品ってありますよね。

わが家にも小さな子どもがいるので、汚したくないなーと思ってました。

家具屋さんに相談すると、撥水スプレーがオススメとのこと!

布製品用のスプレーがあるので、それをシュッシュと吹きかけるだけ。これでもし飲み物をこぼしても、面白いようにつるんと弾いてくれます。

半年に1度のシュッシュが目安です。

ただしわが家が使ったものは結構匂いが残り、子どもが嫌がってしまいました。スプレー後は触れないことにも注意です。

室外機に虫よけキャップ

知っていましたか?室外機などのホース部分から、虫が侵入することがあるそうで…

細かな目地だから大丈夫と思わずに、しっかりカバーしてください!専用のキャップが売っているようです。

と言いつつ、わが家は全館空調を採用しました。なので室外機が普通の形状と違ったみたいで、買ったまま放置してます…。

きちんと適合を確認することも大切だと声を大にして言います。

キッチンの棚やシューズ棚にシートを敷く

キッチンの棚にはすべり止めシートを敷いていきます。

食器を入れたら一気にやる気がなくなるので、最初が肝心です。

百均にもありますが、1ロール試してみたところ、角が浮いてきてキレイに敷けませんでした…

そのあとニトリのシートにしたところ、ピッタリ!気持ちいいぐらいに敷き詰めることができました^ ^

靴箱の中にも同じように敷いていきます。

こちらはすべり止めというより、汚れ防止ですね。

新聞とかでもいいんですが、見た目的に…。

ドロや砂で汚れるので、早めに交換することになりそうです。

引き渡し日から玄関で応対することが結構多く、靴を見えないようにしまったので、最初にやっておいてよかったです!

どこに何を収納するのか決めてしまう

これ結構大事です。

注文住宅で設計している時から「ここにはこれを入れよう」とは決めていましたが、実際に建つとやっぱりイメージが違いました。

なのでまだ物がない状態のときに、しっかり寸法を測って何をどこにしまうのかを決めちゃいます!

この時重要なのが、家事動線。

特に毎日持っていくかばんの置き場所はかなり重要です。

定位置が決まっちゃうと、なかなか変えられません。特に子ども。

自分たちでしっかり用意をしてもらいたいので、かばんや毎日持っていく物の収納は最初にきちんと決めちゃいましょう。

収納ボックスも早めに用意!

ついつい大物の家具ばかり優先しますが、収納ボックスも同じぐらい大事です。

なぜなら引き渡し日からどんどん書類が出てくるから。

特に取り扱い説明書なんて一瞬で山になります。

あれ、どこに置いたかな?という台詞を、まさか引き渡し日に言うとは思いませんでした。

なので大事ですよ収納ボックス。無印などの白で揃えるの、憧れますよね〜!

こちらも最初が肝心!できるだけ寸法を測って用意しましょう。

貼られた説明シールを剥がす

こちらは必須ではないのですが…シンクや浴槽に説明シールが貼られていること、ありませんか?

わたしはあそこに生まれるカビがとってもいやでした。

またしてもカビの話…。

なので毎日見なくても大丈夫な説明は、剥がして別のノートに貼りました。

取り扱い説明書に貼っている方もいますね。

わたしの場合、その取り扱い説明書はどこだったかな…と探す姿が目に浮かんだので、一冊のノートにまとめちゃいました。(ちなみにそのノートには、家さがしでの記録やお祝い、お返しなどのメモもぜーんぶ書いています)

ただし緊急時の操作方法などは、そのまま貼っています。

入居準備まとめ

参考になりそうなものはありましたか?

自分が用意したものばかりですが、やっておいてよかったです。室外機のキャップのみ不完全燃焼ですが…。

他にも引き渡し日に必要なものについては、「引渡後すぐに入居 これだけは忘れてはいけないリスト」でまとめています。

最初だけでなく、今後もキレイを保てるように…わたしもがんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました