主寝室を北向きにするのはあり?建ててみた感想

家づくり

わが家の主寝室は7畳ほどのコンパクトなサイズです(つまり狭い)。

それは特に問題ないのですが、問題は方角。ど北なんです、向きが。

LDKや玄関の方角は結構考えたのですが、寝室のある2階はあんまり意識してなかったんですよね。

そこで建ててみた感想を、正直に語ってみます。

北向きの寝室はやはり暗い

家の完成後、主寝室に入った感想は、やはり暗いです。

お隣が結構近いこともありますが、まだカーテンをつけていない状態で少し薄暗く感じたので、やっぱり北向きは陽当たりが悪いです。

しかもわが家、寝室のテーマはホテルライク!ということで、アクセントクロスに濃いグレーを採用しました。

それがこちら。

床も濃い目を選んだので、なかなかシックな感じです。

インテリアとしては狙い通りでしたが、明るさは…思った以上に暗いです。

南が道路なので遮るものがない分、他の部屋は電気なしでも過ごせます。

でも主寝室だけは、昼間でも電気必須。自ずと荷ほどきがまだな段ボールは寝室に積まれていき、他の部屋ばかりきれいになっていきました…。

陽当たりが悪いと湿気が怖い

寝室ってもちろん寝る部屋なので、あまり明るすぎても仕方ないですよね。

でも明るさ以上に気になるのが湿気です。

カーテンは遮光タイプがいい!と選んだぐらいなので、やっぱり明るすぎるのは必要ないと思っていたわたしですが。

どうしてもジメジメしそうで心配になりました。

これは俗に言うダニのすみかになるのでは…?という感じ。

早急に対策しよう!と決意しました。

北向き寝室での湿気対策

そこで、ベッドはおりたためるすのこベッドにしました。

ベッドとはいえ、マットレスではなくお布団を採用!

なぜならせる点でお布団は最強だからです。

マットレスは干すことができません。折りたたみマットレスは立てかけて干せると謳われていますが…過去に使ったところ、折り目が気になり腰を痛めてしまったんです。安物だったからかな…。

なのでお布団+すのこベッドの組み合わせを採用しました!

すのこというだけで風通しも変わるので、ずいぶん違います。

しかも折りたためる!

わが家はニトリのおりたためるすのこベッドを購入しました。他にもいろんなお店で取り扱いがあるので、ぜひ探してみてください。

お布団を敷いたまま折りたためるので、そのまま干せるんです。便利!

お布団+すのこベッド+あれが最強

さらにわが家では、建てるときにこだわった点があります。

それが、引き戸は全て吊り戸にするということ!

吊り戸とは、レールが下ではなく上についているドアのことです。

これにより、ドアの下はフラットになり掃除が楽チンになります。(ちなみに建てたハウスメーカーは吊り戸が標準だったので、オプション料金はかかりませんでした)

さきほど布団を置いたままベッドを折りたためるといいましたが、ニトリのすのこベッドはキャスターつきです。

そのままコロコロ〜と運べちゃいます!

そしてわが家の2階には、陽当たり抜群のところに物干しスペースが。

ここまで引き戸のレールにつっかかることなく、ノンストレスでコロコロ連れてこれるんです、お布団たちを♪

室内とはいえ、バッチリお日様にあてたお布団はふかふかに感じます。

干してる間に主寝室は空っぽなので、掃除もラクラク!

結局北向きの寝室でも、湿気対策は可能でした。

お布団+すのこベッドは最強でしたが、わが家の場合は吊り戸と物干しスペースにも助けられました!

まとめ

子供部屋などを南に配置すると、主寝室が北向きになる!という方、結構いるんじゃないでしょうか。

明るさは確かに劣りますが、もっと気になるのが湿気対策です。

できるだけ工夫をして、居心地のいい寝室にしたいですよね。

まだおうちを建てる前の方は、ぜひ吊り戸や室内物干しスペースを検討してもらいたいです!

ブログランキング参加してます↓
マイホームランキング

コメント

  1. […] (寝室については主寝室を北向きにするのはあり?建ててみた感想でもご紹介しています) […]

タイトルとURLをコピーしました