家事動線を考えた間取りづくり!洗濯機のベストな位置

家づくり

注文住宅の間取りを決めるとき、何を重視しますか?

いくつか優先順位はありますが「家事動線」をあげる人が多いと思います。

共働きが増えた今、できるだけ家事の負担を減らしたいというのは全員の願いですよね!

中でもわたしが1番悩んだのは洗濯機の位置です。

今回は洗濯機の位置をどのように決めたのかをご紹介します!

洗濯の家事動線を考えた間取り

洗濯とひとことに言っても、やることはたくさんあります!まさか洗濯機を回すことだけが洗濯と思ってる人はいませんよね?(どうか旦那さまを思い浮かべた人がいませんように。。)

洗濯物を仕分け、ネットに入れるものは入れ、洗濯機に投入。洗剤を測って入れて第一段階終了。

洗濯機がピーピー鳴れば取り出してカゴに入れ、物干しスペースに運び、干して第二段階終了。

乾けば洗濯物を取り入れ、たたみ、それぞれの収納スペースにしまって第三段階終了。

これが一般的な洗濯という名の家事の全容かと思います。

では、この洗濯の負担を少しでも減らすためにはどうしたらいいのか、その段階ごとに考えます。

洗濯の第一段階 洗濯機を回す動作がめんどくさい場合

第一段階の洗濯機を回すまでの家事。ここの負担を軽減するためには、脱いだ物を置く場所と洗濯機が近い必要があります。

※脱いだすぐに洗濯機に入れる人もいるかと思いますが、洗濯まで時間が空くとカビが発生しやすいので、あまりオススメできないそうです。

あとは洗剤やネットなど、この時に使う道具が手の届く場所にあるのも大事ですね。

洗濯のうち第一段階にめんどくささを感じる人は、上記の対策が必須です。

洗濯の第二段階 干すのがめんどくさい場合

次に干すという第二段階が特にめんどくさい場合。私もこちらでしたが、干すスペースと洗濯機が近いことがベストです。

しかし現状では、一階にお風呂場&洗濯機、二階のバルコニーで干すという導線が一般的かと思います。

その場合、何が起こるか…

そうです、濡れて重たくなった洗濯物のカゴを抱え、階段を昇らないといけないのです。

マンション生活に慣れていた私は、このことを考えて気持ちが沈みまくりました。毎日できるか…いやできない…と悶々としてたのです。

そんな人にオススメなのが、洗濯機と物干しスペースが近いこと!

方法としては、

  • 2階にお風呂も洗濯機も物干しスペースも置く(2階リビング)
  • 1階にお風呂も洗濯機も物干しスペースも置く
  • お風呂は1階、洗濯機と物干しスペースは2階

が考えられます。

ちなみに我が家は最後の「お風呂は1階、洗濯機は2階」を採用しました!

①2階リビングにすると1階が寝室になるので防犯面で不安②お風呂が2階だと排水工事が複雑になり、リフォームもしにくい③1階で干すと下着泥棒などが心配、そもそも干すスペースがない

が主な理由です。完全に消去法です…。洗濯物を持って昇らないといけないですが、乾いてるので負担は少ないです。(そして第一段階にそこまで負担感がなかったために採用できた方式ですね。)

あとは干すということを諦めて、全部乾燥機にかけちゃう方法もあります!小物だけランドリー部屋に室内干しをしている人も、インスタグラムなどで検索すると見かけます。

洗濯の第三段階 たたんで収納するのがめんどくさい場合

次は洗濯物を取り入れてからたたみ、各部屋に収納するのがめんどくさい場合です。

対策としては、

  • できるだけたたまずに干したハンガーのまま収納する
  • ファミリークローゼットを設けて一つの部屋に服を集める

があります。

ハンガー収納にしても、結局はファミリークローゼット方式で同じところに収納しない限り、かさばる洗濯物を持って各部屋を回らなければならないため、あまり対策になりません。

つまり、ファミリークローゼットがかなりオススメです!

わが家の場合は2階に物干しスペースをつくり、その隣に家族全員のファミリークローゼットに行けるドアをつけました。このファミリークローゼットは主寝室にもつながっているため、ウォークスルーとも言えます。

子どもが大きくなれば、また考え直さないといけないかもしれませんが、この方式にすることでグッと家事のハードルがさがりました!

家事動線を考えた間取りづくりのコツ

ここで紹介したのは一般論で、しかも自分の解決策を強調してます。

この方式を採用してほしい!というわけではなく、お伝えしたいのは「自分の家事のハードルを高くしているのは何か?」を考え、その解決策を見つける大切さです。

一般的な間取りにとらわれがちですが、案外相談すると臨機応変に対応してもらえるものです。

私も洗濯がきらいと言うのに抵抗がありましたが、相談してみてよかったです。

2階に置いても揺れや音が気にならない洗濯機機種なんかまで教えてもらえました^ ^

これまでいろんな設計をしてきた担当者はやはりプロです!じゃんじゃん相談してほしいと思います。

まとめ

洗濯機を置く場所について、洗濯のどこにハードルの高さを感じるかの視点からご紹介しました。

これならできそう!と思う方法はありましたか?

スペースさえあれば、平家は最強だなと思いましたが…私は悩んだ末の結論に納得してます!

後で後悔するよりも、たくさんの選択肢を知って対策してくださいね。

コメント

  1. […] 洗濯機は2階におく(洗濯機を2階に置くメリットはこちらで解説しています) […]

  2. […] 以前書いたブログのうち、「家事動線を考えた間取りづくり!洗濯機のベストな位置」がよく読まれています。 […]

タイトルとURLをコピーしました