ハウスメーカーと工務店どっちにする?ハウスメーカーを選んだワケ

ハウスメーカー決定

家づくりを始めたすぐは、「なんとなく名前の知ってる大手の方が安心」と思い、工務店は候補にありませんでした。

でも検討していくにつれ、もしかして工務店もアリかも…と思うようになりました。

結局ハウスメーカーに決めたのですが、同じように迷っている方はたくさんいると思います。

いろんな人から話を聞き、調べた結果についてまとめます。

ハウスメーカーは工務店に比べてどんな特徴があるか

ハウスメーカーとは、明確な定義はありませんが、全国規模で店を構える大手の住宅販売会社のことです。

CMなども流れているので、多くの人がそのハウスメーカーの名前を聞いたことがあるレベル。

会社名に「工務店」とついていても、全国展開していてハウスメーカーの位置付けのものもあります。

価格は高いイメージがあるものの、ローコストを謳い手頃感を出しているメーカーもあります。メリットとデメリットをまとめてみます。

ハウスメーカーのメリット

信頼度の高さ

名前が通っているだけに信頼度が高いといえます。トラブルがあっても、迅速に対処してもらえる態勢も整っています。

厚いサポート態勢

工務店は少人数で運営しているところもありますが、ハウスメーカーは全国規模。営業から設計士、コーディネーター、アフターサービスまでの部門がきちんとわけられ、厚いサポートが受けられます。

実績や経験が豊富

実績が多いため、ノウハウも豊富だといえます。

倒産のリスクが少ない

大手のため倒産のリスクが少ないのも心強いですよね。厳密には倒産しても救済措置はあるようですが、やはり不安です。

書類手続きの代行をしてくれる

住宅購入の際は、書類の記入や手続きが本当に煩雑です。ハウスメーカーの場合は営業さんが代行してくれたり、いつまでにこの書類が必要ですとアナウンスしてくれたりします。

モデルハウスがある

住宅展示場などにモデルハウスがあるので、実際の建物を見ることができます。他にも建てた人の家に訪問させてもらったり、工場見学があったりします。

工期が短い

ハウスメーカーによって工期は異なりますが、特に工場生産のメーカーは工期が短いです。土地の決済を先に済ませると、賃貸の支払いと土地のローンが二重になることもあるので、早くに引き渡してもらえると助かります。

ハウスメーカーのデメリット

価格が高い

ローコストを除いたハウスメーカーの場合、価格が高いです。

坪単価(1坪あたりの値段)が高いので、総コストはかなり高いです。

さらに値段設定も曖昧で、契約に至るまでに大幅な値下げがあったり、契約後のオプション決めでどんどん価格があがるなど、金額面に不安を抱える人が多いです。

間取りに制約がある

間取りの制約もあります。規格が決まっているので、自由に決めづらいです。

工務店はハウスメーカーに比べると小規模だがメリットもある

次に工務店についてみていきます。工務店とは、地元密着型の会社です。社長が設計や建築まで行う小さな会社もあれば、フランチャイズとして何店舗かを展開している会社もあります。

ビルダーとよばれる中堅の住宅会社を、工務店のカテゴリーにいれる考え方もあります。

工務店のメリットとデメリットは何でしょうか。

工務店のメリット

知り合いなら安心感がある

地元密着型のため、知り合いであれば高い安心感があります。知り合いでなくてもその土地ならではの気候や風土を知っているため、住みやすい家を提案してくれることにも期待できます。

アフターサービスの部門があるところは少ないですが、何かあればすぐに駆けつけてくれるところもあり、長く濃いお付き合いができるといえます。

間取りの自由度が高い

例えば洗面所にしても、規格の中から選ぶスタイルではなく、棚や洗面ボウルの位置などを全て決める造作にすることなども可能です。

価格が安い

ハウスメーカーに比べて安いことが多く、契約時に明確に決まります。その後の打ち合わせで金額があがることは少ないのが特徴です。

デメリット

地元以外の人にはわからない

地元密着型のため、その地域のことを知らない人によっては、選びにくいかもしれません。

職人の技術に左右されるため、いい工務店を見極める必要があります。

新築住宅専門でない場合がある

必ずしも家の建築が専門じゃない場合もあります。リフォームを主にしているところや、企業向けのところ、造園をメインにしているところもあるのです。

手続きが煩雑

住宅購入の際に必要となる手続き関係は、ほぼ自分でしなくてはいけません。関係役所に赴き、書類を集めて記入・提出するのは結構大変です。

工務店によっては、仕上げのニス塗りなど建築に関しても施主が手伝うスタイルのところもあります。

倒産のリスクがある

倒産のリスクも大手よりは多いです。倒産してしまい、アフターサービスがないという口コミも見受けられます。

工期が長い

全て手作りのため、工期が長いという特徴もあります。

モデルハウスがない

モデルハウスがないところは、目で見て確かめるのも難しいですね。ただし実際に建てた家を見学させてもらうこともあります。

ハウスメーカーか工務店どっちにするか

それぞれのメリットとデメリットを見てきました。

価格、信頼度、間取りの自由度…人によって重視するポイントは違います。同じように目をつぶれるデメリットも違いますよね。

私がハウスメーカーに決めた理由は、縁もゆかりもない土地に住むことに決まったため、その土地でのいい工務店の選び方がわからなかったことにあります。

よく例えられるのは、ハウスメーカーはファミリーレストラン、工務店は町の洋食屋さん。というもの。

洋食屋さんっておいしいところはおいしいですが、外れた場合は…。ってなりますよね。この例えを考えた人天才だなと思います。

住む土地のことをよく知っていて、いろんな口コミを聞いて熟知している人にとっては、工務店は魅力的だとおもいます。

私は知らない土地のため、直接話を聞くしかありませんでした。3社ほど工務店の話を聞きましたが、決定打がなく…。決め手にかけたというところです。

一方、ハウスメーカーは名前が通っているため一定のレベルはあると思います。使っている材料などは、素人にはわからないですが…それでも実際の建物をみて、自分好みのデザインなどを選ぶことができました。

まとめ

ハウスメーカーと工務店のメリットデメリットをまとめました。

項目ごとに、これは譲れないな!と思うポイントはありましたか?何に重きを置いて決めるかによって、デメリットがデメリットにならないこともあります。

ぜひ自分にあったメーカーを選んでくださいね^ ^

以上、ハウスメーカーと工務店の特徴に関する記事でした。

コメント

  1. […] (選んだ経緯は「ハウスメーカーと工務店どっちにする?ハウスメーカーを選んだワケ」でご紹介しています。) […]

タイトルとURLをコピーしました