住宅購入時の火災保険ってどうすれば?迷ってる間にネットで見積を!

保険

家を購入すると、必ず火災保険に入るように勧められます。

不動産屋さんやハウスメーカー、工務店の担当者に言われるがまま、火災保険に入ってもいいのでしょうか。

保険もたくさん種類があるので迷っちゃいますよね。今回は火災保険の必要性と、選び方についてまとめてみます。

そもそも火災保険は必要なのか

住宅購入の際、火災保険への加入は絶対した方がいいです。

なぜならリスクが大きすぎるから。家は高い買い物だったと思います。それがもし1度の事故で住めなくなってしまったら…自分だけの経済力で、また建て直すことはできますか?

わたしは絶対に無理です。だから確率などを考えたとしても、火災保険は絶対に必要!と加入しました。

確率と言いましたが、実は火災保険が補償するのは火事だけではありません。台風や水害、落雷、もしくは子どもが不注意で家具を壊してしまった…なんていうものまで補償してくれるんです。

そう思うと、火災保険もぐっと身近なものに感じませんか?

また住宅ローンを組むときに、火災保険への加入も条件づけられています。

以上のことから、火災保険への加入は絶対に必要だといえます。

補償内容はどのように決めたらいいか

それでは具体的にどのように補償内容を決めたらいいのでしょうか。各社で内容が同じもの、大きく違うものがあります。ポイントは、絶対に欲しい補償(もしくは金額)と、予算と合うなら欲しい補償をリストアップすること!

項目を具体的にみていきます。

火災・落雷

火災は火事のことですね。重大な過失がない限り、火災保険で補償してくれます。ちなみにもし隣家に火が燃え移った場合、自分の火災保険でお隣さんを補償することはできません。

なのでもしお隣さんへの弁償などを考えるなら、それに対応した特約をつける必要があります。

落雷は、落雷によって家電が壊れた場合も補償します。

火災と落雷がセットになっていることが多いですが、まれに別々の補償にしている保険会社もあります。もし火事は必要だけど落雷は必要じゃない!という場合は、外せる保険会社を選ぶといいですね。

風災・水災

たとえば台風で被害があった場合、その被害によって風災補償か水災補償かがわかれます。

暴風によって屋根が飛んでいった場合は風災、洪水によって床が45cm以上浸水すれば水災補償、という具合です。

近年は台風だけでなくゲリラ豪雨などもあるため、不安な方は補償をつけることがオススメです。特に水害は、たとえ床上45cmだけの浸水であっても、家をまるごと建て替えないといけないかもしれません。

毎年大きな被害が出ているので、自分の家もいつ被害を受けるのかわかりませんよね。

ただしハザードマップを確認することは絶対に必要です!

インターネットで市町村名+ハザードマップで調べると、必ず出てくると思います。そこで新居の状況を必ず調べてください。

絶対に安心だ、とはいえませんが、ハザードマップにかかっていない場合、補償を外すという選択肢もあります。

水濡れ(みずぬれ)

水漏れ(みずもれ)ではなく、水浸しになる被害のことです。

たとえば給水管が破裂して、家電が水浸しになった、上階の風呂水が溢れて水が下までもれてきた、などです。

この場合は火災保険の水濡れ補償を使うことになります。

一戸建てよりもマンションで需要の高い補償といえますね。

ちなみにもし自分が加害者になって、下の階を濡らしてしまった場合。こちらは水濡れ補償ではなく、個人賠償補償で対応することになります。

あくまでも対象は自分の家です。

各種特約

主な補償は上記の通りですが、ほかにも特約があります。

たとえばさきほど対象外といった隣家への弁償。これは失火見舞費用保険金や類焼損害補償特約をつけることで補償されます。

家を購入するときは、ご近所付き合いのことも考えますよね…良好な関係のために、持っておきたい保険かもしれません。

家財保険や地震保険

建物と家財は別々に補償されます。台風で窓ガラスが割れれば建物の補償があり、それによってタンスに傷がついたなら家財保険で補償する…というイメージです。

家財保険の補償金額も、それぞれ決めていきます。保険会社によっては「水災補償は建物だけで家財は外す」というカスタマイズもできます。

また忘れてはいけないのが地震保険です。地震を原因とする火事や津波の被害などは、火災保険では補償されません。

なので地震保険を上乗せでつけておくことをオススメします。

うちは耐震性があるから大丈夫!というのであれば、あくまでも任意なのでつけないという選択肢もあります。

でも耐震性や免震性がある場合、地震保険料が50%割引になる保険会社もあるので、1度検討してみてはどうでしょうか。

これまでの規模の地震なら大丈夫でも、今後の地震がどうなるかはわからないです。国の補助もごくわずかなので、入っておけば安心です。

保険の比較はネットが便利

次はいよいよ保険会社の比較です。

見積をとって比較するのが流れになりますが、インターネットで全て完結します。

1社ずつ見積をとる

火災保険のワードで検索すれば、保険会社や代理店のページが出てきます。だいたいどこのサイトでも見積もりができるので、必要項目を入力して金額を算出します。

この時点で個人情報を入力する必要はほぼありません。

エリアや保険金額、必要な補償を選んでいって、だいたいの保険料を算出します。

このやり方のデメリットは、1社ずつ計算しないといけないことです…。この会社はいくら、と自分で管理しないといけないですね。

補償を合わせないと比べる意味がないので、ある程度揃える必要もあります。

ちなみに保険会社から加入しても代理店から加入しても、保険料に差はありません。

一括比較サイトを使って見積をとる

便利な方法は、一括比較サイトを使うことです。

必要項目を入力して保険料を出すのは同じですが、検索結果にいろんな保険会社が表示されるので、安いプランが一目瞭然なんです!

こちらのデメリットといえば、表示されるプランが限定的だということ。比較させるために補償内容を統一させるため、仕方ないかもしれないんですが…

もし他のプランもみたいと思う場合は、資料請求をしないといけません。この時点で個人情報を入力しないといけないので、人によっては抵抗があるかもしれないですね。

ハウスメーカーや不動産を通して加入するのはあり?

ハウスメーカーや工務店、不動産屋さんから具体的な火災保険を提案されても、一度は考える時間をつくりましょう。

だいたいはパッケージプランになっているので、不要と思うプランが入っているかもしれません。

ただ保険はリスクに備えるものなので、どこまでつけるかは個人の自由です。勧められる補償は全部つけておきたい!と思うのであれば、提案されたプランのまま加入する方がいいです。

その方が手続きも楽だし、何かあったときに不動産さんやハウスメーカーに一旦連絡を入れれば、対応方法を教えてもらえるからです。

また大手ハウスメーカーの場合は、そのハウスメーカーの入居者限定のプランを保険会社に作ってもらっている場合もあり、さらに団体割引がきく可能性もあります。

以上のことがメリットになる人は、そのまま加入してもいいでしょう。

でもやっぱり家の購入にお金はかかるので、もし時間の余裕があるなら自分で加入して、少しでも保険料を抑える方がオススメではあります。

インターネット割引などもあるので、だいたいは自分で加入する方が安くはなりますよ。

まとめ

住宅を購入する際の火災保険についてお伝えしました。

わたしは何かの保険の営業をしているわけではないので、特定の保険会社や比較サイトはお伝えしません。

でも実際に調べてみると、安い保険に出会えるものです。

どうしようかな?と思っているのでしたら、1度検索してみることをオススメします!その際には

  • 絶対にほしい補償
  • 予算が合うならほしい補償

をリストアップしてから比較するのがコツですよ。

最適な保険に出会えることを応援しています!

ブログランキング参加してます↓
注文住宅(施工主)ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました