ハウスメーカー営業の断り方!コツがわかれば気持ちよく別れられる

ハウスメーカー決定

家づくりを開始すると、必ずぶち当たるのが「断りにくい…」という悩み。

我が家も何度も経験しました。

なぜかハウスメーカーって、会社じゃなく営業さん個人の電話とやりとりするんですよね…だから余計に断りづらい…

断る理由は人それぞれですが、伝え方にはコツがある!と学んだので、それを記したいと思います。

予算が合わない時の断り方

予算が合わない時は、そのまま正直に伝えましょう。コツは、総額が合わないのか、月々の返済額が合わないのか、はたまた「そのプランに対してその金額は出せない」のか、という点です。

いずれにしても予算オーバーは致命的なので、きちんと伝えてしまってOKです。

もしかしたらそのあと値下げの打診をされるかもしれません。

値下げをされたらどうする?ということは、断る前に考えておいたほうがいいです。大事なのは冷静に判断することです。

ハウスメーカーの担当営業が合わなくて断りたい場合

結構多いと思います。合わない時は本当に合わないんですよね、営業さん…チェンジ!ができればいいかもですが、残念ながらあまりできません。人員も限られてますしね。

なので、合わない時はハウスメーカー自体を断ることになります。(もしその営業さんがいやなだけで、ハウスメーカーは気に入ってる!という特殊な場合は、一度担当変更を打診してみてください)

この場合は「今後一切このハウスメーカーとは話を進めない」となります。そのため、DMや営業電話も止めてもらうために、「他社に決めた」と伝えるのが1番です。

他社とはどこですかと必ず聞かれるので、比較しているところを素直に答えましょう。

経験上、他社の名前を出すとそのハウスメーカーの悪口が始まることが多いです…。不安になることはありません、自分の判断を信じましょう!

もしどうしてもその言葉が気になるなら、検討中のハウスメーカーに聞いてみてもいいと思います。きちんと説明してくれますよ。

それよりも、他社の悪口をいうところはますます心が離れてしまいますよね…

比較してる他社がないなら、そのハウスメーカーとは違うタイプの会社を伝えるといいです。

例えばあったかい木造をウリにしてるなら鉄骨のハウスメーカーにする、などです。違えば違うほど、相手もひきやすいです。

電話やメールで断るのはNG?

断る手段も悩みどころです。電話やメールは失礼かな?と思いがちですが…全然大丈夫です!むしろ、会って断るほうがお互いの時間の無駄です。

私はメールで断ることも何度もありました。「いい家づくりができるようにお祈りします。またお手伝いできることがあればお声がけください」という気持ちのいいお返事をいただけることもあれば、返事なし!のときもありました。

そんなもんです(笑)

中には「金額面ならがんばります!」や「もう一度チャンスをください!」と食い下がられることもあります。しかし電話やメールだと、必要以上に情に流されることなく、冷静に判断できますよ。

本当に金額だけの話なら、値下げしてもらうことで解決できますが…おそらく他にもひっかかる点があると思います。

それを値下げだけで解決したと錯覚しないように、冷静に判断しましょう!

断るときに伝えたい感謝の言葉

おそらくあなたが断り方で悩んでいるということは、営業さんに少なからず感謝の気持ちがあるからだと思います。

それならきちんとその気持ちを伝えましょう!

営業さんは同時進行で他のお客さま対応もしているので、断られてもこちらが思っているよりもダメージは少ないはずです。

それでも、感謝の思いを伝えることで、少しでも気持ちが楽になるはずです。

ありがとうの気持ちに加えて、どんな点に興味を持てたか、どんな提案が嬉しかったかなど、具体的に伝えるといいですね。

ビジネスとはいえ、縁があって出会ったのですから、できればお互い気持ちよくお別れしたいものです。

まとめ

ハウスメーカーの営業の断り方についてまとめました。

いろんな営業さんとの出会いがある分、別れは必須です。相手はそこまで気にしていないかもですが…断る方は気にしちゃいますよね。

少しでも気持ちよく断られるよう、ぜひ参考にしてみてください。

ブログランキングに参加してます↓
マイホームランキング

コメント

  1. […] それでも断らないといけない…と気が重たくなっている方は、ぜひこちらの記事をご覧ください→ハウスメーカー営業の断り方!コツがわかれば気持ちよく別れられる […]

タイトルとURLをコピーしました