ハウスメーカー決めで後悔したたった1つのこと

ハウスメーカー決定

家探しを開始すると、決めないといけないことがいろいろあります。

  • ハウスメーカーか工務店か
  • 土地はどこにするか
  • 土地からさがすかハウスメーカーから探すか

などなど。

何とか納得の注文住宅を契約できましたが、たった一つ後悔したことがあります。それはハウスメーカー探しと土地探しの順番です。詳しくまとめていきます。

ハウスメーカー探しのあと土地を探すメリットデメリット

土地を所有していない人が、注文住宅を探すのは「建売物件」を選ぶよりも難しいです。土地を二の次にしてハウスメーカーを探すとどんなことが起きるのでしょうか。

メリット

ハウスメーカーや工務店の特徴に注目して比較できる=家の価値で判断できる、といえます。

立地を抜きにして構造や断熱性などを比較すれば、比較基準も明確なので比べやすいです。

家の知識がない場合でも、勉強になります!

デメリット

先にハウスメーカーを決めてしまうと、土地の制約が出る場合があります。例えば前通りの幅や土地の形状などが条件を満たさないと、候補に入れられないのです。必然的に土地の選択肢が減ります!

さらに他社比較、値段交渉がしにくいです。

ハウスメーカーを決める際は、確かに家の構造や断熱性などで比べるのが大事です。しかし価格は非常に大事なポイントですよね。

土地が決まらないことには金額がわかりません。

坪単価でははっきり言って比較できません!

坪単価とは、建物の本体価格のみをいいます。土地代はもちろん、電気工事や諸経費が入っていないことがほとんどです。つまり坪単価だけでは総額は全くわからないのです。そんなあやふやな価格のままでハウスメーカーを契約するのは少し危険ですよね。もしかしたら他社の方が安かったかも…といつまでもモヤモヤしてしまいます。

土地込みでの金額で他社比較をすることが大事なのです。

土地探しのあとにハウスメーカーを決めるメリットデメリット

土地を持っている場合は除きます。土地を持っていない状態で、土地を決めてからハウスメーカーを探すときのメリットデメリットをまとめます。

メリット

立地が第一条件の場合は希望が満たせます。土地は縁のものなので、本当にその土地が気に入ったのなら、早めに押さえられたのがメリットともいえます。

また土地の価格はあまり交渉できるものではないので、そちらを先に購入すれば、注文住宅の建物の予算を明確に決めることができます。

デメリット

ハウスメーカーを先に決めたときと逆で、その土地で建てられるハウスメーカーや工務店に制約が出ます。

土地の物件情報を見てみてください。建ぺい率、容積などいろいろな条件があります。それら全てを理解できる場合は、購入してもリスクは少ないでしょう。

でも私たちは不動産のプロではないので、わかりにくいところが結構あると思います。

もし土地を購入したあとに、気になるハウスメーカーが現れたものの「そこの土地では建てられません」となれば…選択肢が減るのはつらいものです。

また大事なのは、土地を契約したあとに建物を建てる期間が決まっている点!土地の用途は決められているので、住宅用として購入したのなら期間内に建築を始めなければいけません。

でもハウスメーカー選びに時間がかかると、その期間を超えてしまうリスクがあります。

結局どちらから先に決めるべきなのか

ハウスメーカーや工務店から決めるべきなのか、土地から決めるべきなのか…。悩むところですが大丈夫です!体験談から得たポイントを3点ご紹介します。

それでも気になるところを先に決める

これまで挙げたデメリットをデメリットと感じない場合(価格交渉の必要はない、立地が第一優先だ!など)、ハウスメーカーや土地を先に決めてしまってもいいと思います。

たいてい後悔するのはもう一つの選択肢を知らなかったときなので、きちんとデメリットを知って納得した上なら大丈夫でしょう。

立地重視なら条件付き土地をいくつか比較する

立地を優先したい場合のもう一つの方法は、条件付き土地をいくつかみてみることです。

条件付き土地とは、そのハウスメーカーや工務店で建てることを条件に売り出されている土地です。

仲介ではなく直接売られているので、土地に対する仲介手数料がかからないのも魅力です。

これなら立地を重視できますし、建物のパースなども書いてもらい、総額の目安も出ます。条件付き土地は結構あるので、複数の物件をハウスメーカーごと比較できるのでオススメです!

ハウスメーカー重視なら土地の候補ももらう

立地よりもハウスメーカーを重視している場合。また条件付きの土地を気になるハウスメーカーが持っていない場合。

ハウスメーカー選びと並行して土地探しもすることになります。

そんなの当たり前やん…と思うでしょうが、大事なポイントはこれから言います!

  • ハウスメーカーに土地探しをお願いする
  • ハウスメーカーが探してくれた土地を、他のハウスメーカーにも見せて提案を受ける

です!

まず土地探しですが、ハウスメーカーに探してもらう理由は2つあります。

1.不動産屋さんと相談しながらとはいえ、素人が探すのはとても難しい

2.一般には出回っていない情報をハウスメーカーは持っている可能性がある

からです。そして見つけてもらった土地情報を…比較している他社にも見せちゃいます!もうここは鋼の精神が必要なのですが…

でも私が後悔しているたった一つのポイントはここなのです。すなわち、その土地を見つけてくれたハウスメーカーに決めたこと。

ハウスメーカーに対して不満はないのですが、もしかしたらもっといい提案があったかもしれない…というモヤモヤが、この先ずっとつきまとうと思われます。

そうならないためにも、ぜひみなさまには鋼の精神で、その土地を生かした建物プランを他社にも作ってもらうことをオススメします!!

その方が、価格交渉も圧倒的に進めやすいです。

比較基準が違うと、土地代が〜土地の面積が〜土地の形状的に〜といろいろな理由で、価格交渉も難航します。

ぜひ納得の家づくりのためにも、土地込みで建物を比較してください!

まとめ

ハウスメーカーから決めるのか、土地から決めるのかについてまとめました。

考え方や優先順位、予算、時間の余裕などによっても変わりますが、わたしのオススメは建築条件付き土地か、土地と並行してハウスメーカーを選ぶことです。

いい家探しができますように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました