部屋干しはメリットだらけ?デメリットも含めた正直な感想!

家づくり

こんにちはsanyです。

これからおうちを建てる方にとって、重視してもらいたいことの一つが「どこで洗濯物を干すか」です。

ドラム式で乾燥までする方や、平屋、二世帯住宅、2階リビング…などなど、家庭と間取りによって洗濯事情は異なります。

そこで「外干しよりも部屋干しにしたいけど、実際にはどうなんだろう?」と思っている方に向けて、室内干しを実践している体験談をご紹介します。

部屋干しにはメリットだらけですが、もうちょっと改善できるかな…という点もあるので、しっかりお伝えしていきますね!

部屋干しのメリットその1、圧倒的にラク

ただただそのままなんですが、部屋干しは本当にラクです。

もちろんドラム式洗濯機やガス乾燥機などをお持ちで、干す手間がないならそれに越したことはありません!

ただわが家は大きい洗濯機を入れるスペースがなく…物干しスペースを室内に作ることに落ち着いたのです。

なので「ラク」というのは、外に出て干すことに比べたメリットです。

外干しは単純に面倒です。重い洗濯物を持って移動して、ドアを開けて外に出て、干す。毎日していた日々には戻れません。主婦ってすごい。

暑い日も寒い日も、それが続くんですよね。基本的に部屋干しと決めてしまえば、その動作はかなりラクになります。暑くても寒くても、快適な部屋の中で物干しが完了。

わたしは特に寒い日の洗濯が苦手でした。とにかく寒い。洗濯物も冷たい。

洗濯物を取り入れるためにドアを開けると、せっかく暖まった室温も下がってしまい、テンションもだださがりでした…。

そんな思いをしなくなったのたが、部屋干しで感じる1番のメリットです♪

部屋干しのメリットその2、季節や天候に左右されない

あとは季節や天候を気にしなくてもいいのも最高です。

マンションのベランダで干していたときはまだマシでしたが、実家では完全に外に出た庭に干していたので…急な雨には何度も泣かされました。

洗濯好きならまだしも、洗濯が好きじゃないわたし。そんなことでストレスを感じたくありません。余計なストレスを取り除くには、やはり部屋干しが無敵です。

部屋干しのメリットその3、汚れや虫がつかない

わたしは幸い花粉症じゃないのですが、もし花粉症なら部屋干しはかなりオススメです。外の空気に触れないので、洗濯物を取り入れた瞬間にアレルギー反応が…ということがなくなります。

かなり体調がよくなったという人を何人も見ました。

PM2.5とか黄砂も気になりますよね。そういう汚れがつく心配がないのはかなりのメリット。

あとはわたし、虫が嫌いすぎて…。

実際に虫がついているのも最悪ですが、「大丈夫かな?ついてないかな?」と1枚1枚確認する大変さ…もうあの日々には戻りたくありません(*´Д`*)

部屋に1匹も虫がいないのか?無菌なのか?と言われればもちろんそんなことはありませんが、外干しよりは精神安定上いいと思っています。

部屋干しのメリットその4、防犯対策

あとは防犯上も安心かな?と思います。下着泥棒とかが気になるのもありますが、洗濯物が出ている時間で在宅・不在がバレるのが少し怖いので…

わたしかなりズボラなので、家にいるにもかかわらず夕方まで干しっぱなし!なんてこともザラなんです。もし泥棒が不在と思って侵入してきたら…うーん、まぁこれは考えすぎですが笑。

でも室内干しにすることで、そういう心配すら軽減できるのは事実です。

部屋干しのデメリットは想像通りこれ!

部屋干しのデメリットは…もう予想通りでした。ずばり、乾きにくい。とくに梅雨と夏は感じます。

夏は全然乾かないわけではないんです。でも、ちょっと外に干すとすぐにパリッと乾くじゃないですか。あれがないので、なんか不完全燃焼な感じがするという。

わが家は2階の南に物干しスペースを設置しているんですが、それでも晴れた日の外干しに比べると、乾くスピードは遅め。

その分冬は一瞬で乾くので、1年をトータルすればよく乾いている方かと思います。

部屋干しメインにするなら、ここは覚悟してサーキュレーターや除湿機を上手に取り入れる必要がありますね。

これからおうちを建てるなら

今からおうちを建てるタイミングで、部屋干しを検討しているなら。個人的に部屋干しはかなりオススメです。

もう一回家を建てていいよと言われても、私は間違いなく部屋干しスペースをつくります。

ただし乾きにくい季節があるのは紛れもない事実。なので、今のうちに出来る限りの対策が必要です。

部屋干しをする場所ですが、浴室乾燥機頼りにしてお風呂や洗面所スペースを利用する。もしくは陽当たりのいい場所を確保して、物干しスペースを作るかになると思います。

間取りや生活導線をしっかり考えれば、家庭によってのベストな場所が見つかります!

そしてわが家のように物干しスペースを作るのであれば、陽当たりと空気の流れは必ず意識してください!

実はわが家、南に物干しスペースがあるといえど、本当の一等地は子供部屋なのです。

物干しスペースは僅差で陽当たりが負けているという。

結果、乾きにくい洗濯物は子供部屋に干している現状です…。

子どもが小さいうちはいいですが、小学校高学年にもなれば絶対拒否されますよね…。もうちょっと間取りをひねればよかったと思います。

あとは素人の私たちにはわかっていませんでしたが、設計士さんが風の流れをきちんと計算して設置してくれたので、そこは感謝です。

洗濯が乾くかどうかは、お日様とか紫外線よりも、風の通り道が大事と聞いたことがあります。

暖かさとかももちろん影響するのでしょうが、風の流れは素人にはわかりません。第一種換気を採用していますが、実際のところどんな動きをするのか、図面を見てもイマイチわからないものです…。

設計士さんがきちんと考慮してくださったので、助かりました。

なのでこれからおうちを建てる方は、必ず換気や空気の通り道を考慮してくださいね!

まとめ

実際に部屋干し生活を始めてみた感想を綴りました。

デメリットはあるものの、わたしはメリットの方を強く感じています。

他にも洗濯事情についてまとめた記事があるので、よければご覧ください(*^_^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました