ハウスメーカー選びで出会った営業さんの不快な対応まとめ

ハウスメーカー決定

ハウスメーカーを契約し、完成が近づきつつあるこの頃。

つくづくいい出会いがあってよかったなーと噛み締めております。

ここまで来るのに本当にいろいろな比較検討をしてきました。

中でも忘れられないのは、いやーな思いをしてしまった営業さんとの出会い…

家づくりについてはこちらが無知なので、お客さんと言えどなんとなく下手(したて)に立ってしまったのですが、今思ったら完全に失礼しちゃうわ!と怒りが込み上げることもあります。

今回はそんな営業さんについてまとめてみます。

なんか不快だな…でもこんなものなのかな?と思っている方がいれば、こちらを参考にしてください。

やたら「無理ですよ」と言ってくる営業さん

かなり初期のまだ予算も定まらなかった頃。

相談した営業さんに、とりあえず理想を伝えたところ…

「それは無理ですよ。」「それはうちでは建てられません」を連発されました。

今思えば、「その間取りは耐震制度が落ちるので無理です」「その予算ではこのオプションは難しいです」という理由がわかるのですが…

当時はハウスメーカーや注文住宅を調べ始めたばかり。「おたくの知識レベルや年収では家は建てられません」と言われた気になってしまったのです…

他のハウスメーカーではそんなことがなかったので、きっと営業さんの言い方が自分に合わなかったのかなーと思います。。

夫にだけ名刺を渡して夫にだけ敬語を使う営業さん

多いのは、夫にだけ名刺を渡す営業さんです。これだけなら「家族を相手にしているため、その代表者に渡す」と言う意味とわかるのでさほど不快には思いません。

しかし問題は話の流れで夫には敬語を使うのに、私(妻)には敬語を使わないという営業さん!

本人は全く自覚ないのですが、私が何かを質問すると、「うーん、そうだねぇ…」「あ、こういうこと?」とちょいちょいタメ口になるんです。

完全にバカにされてると思って、後半は全然口を挟まなくなりました。

夫も気になっていたようで、あそこはやめよう…とめずらしく言ってきたほど。

ちなみに最終的に契約したハウスメーカーは、営業さんはもちろんのことその後の打ち合わせでお会いしたインテリアコーディネーターさん、外構担当さん、上司の方など、みなさんが夫婦に名刺を下さいました。

連絡をしてこない営業さん

何社も同時期に話を聞いていた頃のことです。

複数検討していることを隠さず伝えると、「スケジュールがわかりにくくなりますよね。1週間後お返事を聞かせてほしいと思いますが、わからなくなってもアレなので、こちらからお電話しますね」と言ってくれたところがありました。

面談日を忘れることはなくても、確かに返事をする約束は守れる自信がなかったので、それはありがたい申し出でした。向こうもその方がリスクはないですしね…

が。

約束の日に電話はかかってこず、その後一切連絡はありませんでした。

前向きに検討したいと思っていましたが、ちょっと面倒になってそのままにしています…

たぶんもっと見込みのあるお客さんが出てきて、うちを相手にしてる暇がなくなったのかなーと思います。

返事を送ってくれない営業さん

何度かやりとりをした後、最終的にお断りのメールを入れたとき。その後のお返事で印象が変わることもあります。

よかったところは、「ステキなお家作りができることをお祈りしています。また何かお手伝いできることがあればお声がけください」みたいな感じで心地よいお返事をいただきました。

しかしひどいところは、返事がない!

さらには「他にいいところはないと思いますが。」(原文ママ)と返事が来たところも…。

さすがに不快でした。周りで注文住宅を検討している人がいても、オススメしたくないなと思っちゃいます。

嘘をつく営業さん

鉄骨系のハウスメーカーでは、「鉄骨は木造よりも強いですよ!シロアリ被害もありません!」とよく言われました。

木造系のハウスメーカーでは、「木造はあったかいですよ!鉄骨だと冬は寒くて夏は暑いです!」と言われましたね。

聞いたときはそうかーと思いますが、いろいろ調べるとそんなことはありません。

とは言え専門家じゃないので、本当のところはわかりませんが、それでも正しい判断を妨げるのはよくないと思います。

深夜に突然訪問

ちょっと話を聞いただけのハウスメーカー。全然惹かれなかったのですぐにお断りしたのですが、なんと夜遅くにいきなりピンポンとやってきました。

まだ小さい子どもがいるので、寝かしつけがとーーーっても大変。夜泣きもあったので、そのピンポンは本当に迷惑でした。

架空の締め切り日を設定して急かしてくる営業さん

これはよく遭遇しますよね?

1番不快だったのは、10万円を払ってその物件を10日間押さえたのに、翌日に「他に欲しいと言ってるお客さんがいるので今決めてください」と急かされたこと。

後々それは嘘だと判明しました…前向きに検討してたのに、一気に冷めました。

詳しくはこちら

他にも、今月中に決めてもらえば割引します!と言いながら(この時点で若干うさんくさいですが)、月末まで待たずに「うちの会社は木曜日が会議なので、今月というのは水曜日までという意味なんです!」とよくわからない理由で返事を急かされたり。

とにかく変な理由で返事を急かすところは、不信感しかありませんでした。

まとめ

思い当たる営業さんはいましたか?特に返事を急かしてくるところは結構多かったので、共感してもらえるかと思います。

家探しには頼りになるプロが欠かせないので、味方になってくれる営業さんに出会いたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました