ハウスメーカーは担当との相性で決めるのもアリ?「合わないから断ってよかった」理由

ハウスメーカー決定

家づくりの知識ゼロだった夫婦が、理想のハウスメーカーに出会い、契約するまでの道のりをご紹介しています。

今回は、あまりにも相性が合わなくて断ったハウスメーカーCについてです。

FPを紹介してくれたり親切な面もありましたが、最終的にお断りすることになる経緯をご紹介します。

現在担当との相性でモヤモヤしてる方は、断る勇気にしてもらえるとうれしいです!

最初は良かったハウスメーカー担当との相性

最初は好印象だった営業さん。

初めてハウスメーカーCを訪れ希望条件を伝えたとき、「その条件だと〇〇万円(予算の2500万越え)が必要です」と言われました。

そしてFPの先生を紹介してもらったのです。

でも診断してもらい、私たちの家計ではあと1000万円予算をアップしても大丈夫と言われたのですが…

素直に「はいそうですか」とアップできるほど、私たちは能天気ではありませんでした。

子どもの教育費や親の介護費など、未知の部分が多かったからです。

とは言え、家計の現状がわかっていなかったのも事実。住宅ローン減税との兼ね合いや、すまい給付金などを考慮して、頭金の額などを修正しました。

ただし、そうは言っても理想とのギャップは甚だしく…営業さんの印象はいいけど、予算がネックでした。

そんな中また電話をいただき、再びハウスメーカーCへと赴きました。

ハウスメーカー担当の営業テクニックに気づく

次に会った時、印象の良かった営業さんの「営業テクニック」に気づかされました。完全に信用してはいけないな、と思ったのです。

営業さんの話では、

「まだ表向きには発表していないが、新たに土地情報が出ている。駅近でかなり魅力的。すぐに売れる予定なので、大々的に売り出す前にご連絡しました!」

とのことです。

話を聞くたび、どんどん前のめりになる私たち。

(でもどうせお高いんでしょ?)

という心の声が筒抜けだったのか、すぐに金額の話になりました。

土地の値段だけで言えば、かなりの破格です。

というか破格すぎて心配になるレベル

「逆にどうしてそんなに安いんですか?」

と思わず聞きましたが、まとめてハウスメーカーが買い上げたことで金額を抑えられた、それのみだそうです。

半信半疑ではありましたが、駅近でその金額はまずないとのことなので、建物のプランも書いてもらうことになりました。

書いてもらったプランはまずまずのもの。

  • 間取りの動線はほぼほぼ満足できるレベル
  • 広さは少し不満
  • 特にLDKが狭い
  • 陽当たりが悪い

という感想です。

ただし、気持ちは揺らいでいました。

手が届かないと思っていた注文住宅が、少しの妥協で届きそうなのですから…

実はこの時、別のハウスメーカーBとも話を進めていました。いい土地情報があればぜひお願いしたい、という段階です。

しかしそちらからの連絡が2週間経ってももらえていない状態だったので、こちらのハウスメーカーCの提案に心が揺れてしまったのです…

今から思えば、手が届かないと諦めさせてからの提案、すごい営業力だなーと感心しちゃいます。

相性が合わないと感じるも丁寧な間取り修正

契約してないにもかかわらず何度も対応してもらう姿勢に、営業テクニックを感じながらも感謝の気持ちが先行してました。

どうでしょう?という担当さんに対して、私たち夫婦はかなり正直に感想を伝えました。そうするとその場で設計士さんを呼んできてくれて、スラスラと別の設計書を書いてくれるじゃありませんか!

口頭で伝えた要望をささっと図面に起こすのは、みていて結構感動しました。

鉄骨系のハウスメーカーだったのですが、耐震性を下げないためにある程度の制約はあるものの、かなり柔軟に対応してもらった印象です。

広さは間取りをほとんど変えることなく修正してもらい、陽当たりは玄関の向きを変えることでカバーしてもらいました。

他にも細々と気になることがあれば伝え、その場で修正する、ということをその日は行いました。

やはり担当営業さんの相性が合わず契約できなかった

なんとか希望に近付くまで修正をしてもらったところで、建物込みの金額を提示してもらいました。

それは私たちが最初に提示した金額の、200万アップ

謎の紹介者割引2%など、諸々の割引が適用されての金額です。

そこそこの設備を入れているので、ここから金額があがることはないとおもいます、とまで言われました。

建物に関しては満足できるレベルだったので、そこはクリアです。 

金額は、細かな仕様(特にキッチンにこだわりたかったので)を見てあがるか判断したいところ。

さらに、土地についてが重要ポイントでした。駅近であることは地図を見て確認していたのですが、実際に見たことはありません。

小さな子どもを連れて歩くことになるので、実際に歩いてみたいと思っていました。スーパーやコンビニ、小学校などの近さも大切です。さらに近隣の保育園の待機児童なども気になるところ。

…そんな感じで、前向きに検討しているものの気になるポイントがあるので、考えさせてほしいとお伝えしました。

すると、営業さんの言うことには「土地を押さえるために10万円を支払ってもらえれば、他の人が買うことはできません。その間にじっくり考えてもらうことができます。決めてもらえるならその10万円は代金に充当し、もしキャンセルする場合は10万円をお返しします」とのことでした。

なかなかない土地情報だと思っていたので、私たちは迷わず土地を押さえました

そして保育園情報を集めたり、実際に現地の周辺を歩いたりしようと思ったのです。

その次の日に事件は起こります。

なぜか営業さんから電話がかかってきました。そして衝撃のことを言われます。

「実は今、あの土地を買いたいという人がいるんです。今決めてもらっていいですか?買われないのならすぐにこちらの方にお譲りしたいので」

えー!!

そんなことありますか???10日押さえられるって言いましたよね????

でも10日というのは自分の善意であって、法的な根拠はないんですようんぬんの説明をされて、話は進まず。

完全に期待は不信感に変わりました

それでも土地への未練はあったので、急遽仕事を休んで(休んだんですよすごくないですか)

子どもを連れて周辺を歩いてみました。

今から思えばこの時の思考は「あの営業さんはあまり信用できない。何かこの物件を断るマイナスポイントはないかな…」というものでした。

楽しくもなんともない下調べ。ただひたすらデメリットを探してました

そしてやっぱりいろいろ気になる点があったので、それを理由にお断りしました。

それを伝えた時の反応は、「これ以上いい物件はないと思いますが。わかりましたー。」です。

モヤモヤーとしました。

ちなみにあくまでもその土地を断っただけで、ハウスメーカー自体を断ったわけではありません。でも、なんとその営業さんからの連絡はこれで途絶えました

正直断って良かったな、と思います。

まとめ

今回学んだのはこちら。

  • 最初に高額な物件情報を提示した後、手の届きそうな物件を紹介するのは営業手法
  • 決断を急がせるなど、不快な思いをしたら断った方がスッキリする!

特に2つ目のポイントは重要です。営業さんが気に入ったから契約する!というのは後々後悔する可能性ありますが、営業さんが気に入らないので断る!というのは結構あると思います。

どこか違和感を覚えるなら、それは危険信号かもしれません。断る理由に十分なりますよ!

ブログランキングに参加してます↓
マイホームランキング

コメント

  1. […] […]

  2. […] 詳しくはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました