断熱性や気密性も大事?ハウスメーカーの選び方

ハウスメーカー決定

そろそろマイホームがほしいなと思ったとき、どのように家探しをすればいいのか迷いますよね。

聞いたことのあるハウスメーカーでさえ、特徴ってあんまりわかりません。

そんな方にとって参考になる基準の1つが、断熱性と気密性です。

客観的な数字で比較できるので安心ですよ!

断熱性とは?

まずは断熱性についてみていきましょう。

断熱性とは「熱を遮断する性能」、つまり外の熱を家の中に伝えないことです。

断熱性を高くするとどんな効果があるか

断熱性能が高いと外の気温に影響されにくいため、夏は涼しく冬は暖かい家になります。

つまりエアコンの効きがいいということ。これにより、省エネ効果も期待できます。

また後で説明する気密性も高めることで、結露を防止することもできるんです。結露に悩まされてる人はぜひ考えたいところですね。

断熱性を高める断熱材

では具体的にどのように断熱性は高められるのでしょうか。

それは断熱材を使うこと。家を作るときは必ず使われます。

もしハウスメーカーの話を聞く機会があれば、おそらく「当社が使っている断熱材は〇〇で、こんな効果があります!」と説明されると思います。

それほど各社は断熱性で競い合ってるので、日々進化しているのです。

種類としては

  • 繊維系…安価で広く使われているグラスウールや少し割高なロックウールなど。防音効果や吸音効果もあるとされる。
  • 発泡プラスチック系…ガスなどの発泡材で充填させるウレタンフォームや、細かな粒子のビーズ法など

が主なものです。他にも天然の羊毛などを使う方法もあるようですが、私が話を聞いた大手ハウスメーカー はだいたい上記の断熱材を使用していました。

窓でも断熱性を高められる

断熱材だけでなく、窓を工夫することで断熱効果を得られます。

大きな窓は明るい部屋になりそうで憧れがちですが、その分コストがかかります。また面積が増えればその分断熱効果がさがるのです。

また窓の大きさだけでなく素材も重要です。

ペアガラスやトリプルサッシにすることで、高い断熱性が実現できるのだとか。

最近ではそちらをオプションでなく標準とするハウスメーカーもあるので、参考に選んでみるのも一つです。

気密性とは

次に気密性についてみていきましょう。断熱性とも似ていますが、こちらは家の隙間を少なくして、できるだけ外の空気を中に入れない(中の空気を外に出さない)という性能です。

熱だけでなく空気全体のことを指すんですね。

断熱性も気密性もどちらも数字で表せられます。数字は少なければ少ないほど優秀さを示します。

気密性をあげる方法

隙間があれば気密性は損なわれるので、隙間を作らないような施工が必要になります。

組み合わせる木材にミリ単位でもズレが出ないように正確に切り出す、細かな部材に全てテープを貼っていく、というような施工技術が求められます。

断熱性と気密性はセットで大事

断熱性はなんとなく暖かい家になりそうとイメージしやすく、重視する人もたくさんいます。

ハウスメーカーもそちらの説明はかなり丁寧にしてくれます。

でも気密性だって同じぐらい必要です。万が一、断熱材だけ入れて気密性を高めなければどうなるか…結露が壁の中や断熱材の中にまで発生し、あっという間に家はダメになってしまうそうです。

なので断熱材の説明があれば、気密性のこともきちんと説明してもらいましょう。こちらの会社ではどんな取り組みで気密性を高めているのですか?と。その質問だけでも、「このお客さんは本気でいい家のことを考えている!」と伝わり、きっと丁寧な説明をしてくれるはずです。

ちなみにハウスメーカーごとに断熱性や気密性を発表しているところもありますが、実際の間取りによっても左右されるため、そちらを見ないことには判断は難しいです。

また断熱材だけで良し悪しを判断するのは難しいです。「この材料は断熱効果が高いから、これを使ってるハウスメーカー に決めよう!」という決め方は危険です。

なぜなら木造か鉄骨かによっても相性のいい断熱材は違いますし、その施工の仕方によっても変わるからです。

なのでハウスメーカーに聞くポイントとしては、

  • 断熱材は何を使っているか
  • それは木造もしくは鉄骨とどのように相性がいいから採用しているのか
  • デメリットは何か
  • そのデメリットをどのようにカバーしているのか(例えばこの部分は発泡系を使うが、筋交部分は繊維系を使う、など)
  • 断熱以外の効果(防音、耐熱、シロアリ対策など)については他の断熱材と比べてどうか

などを聞いてみてください。

個人的には床や天井など部分によって使い分けているところや、きちんとデメリットを説明してくれるところが安心かと思います。

中には比較している他社の名前を聞くなり、「そこは断熱材に〇〇を使ってるので、冬は寒いですよー」という言い方をしてくる営業マンもいました…

なんの知識もなく聞くと「そうなのか」と思っちゃいますが、少し考えればおかしいと思いますよね。

なぜその断熱材を使っているのか、そのハウスメーカーの工法とどのように相性がいいのかをきちんと担当が知っているか、これが大切なんです。

断熱性気密性まとめ

断熱性と気密性についてまとめてみました。

たくさん種類がありますが、一度に覚える必要はなく、比べるポイントだけ頭に入れてもらいたいです。

それだけでハウスメーカーの話を聞くときに、ぐっと比べやすくなりますよ。

理想の家づくりができますように!

ブログランキング参加してます↓
マイホームランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました