ウォークインクローゼットのメリット 家事動線が最強に!

家づくり

注文住宅で間取りを検討している人は、衣服を収納するスペースに悩むと思います。

ウォークインクローゼットが普及しはじめ、建売物件やマンションでも標準でついていることが結構あります。

注文住宅では、家事動線を考えた間取りが叶うからこそ、悩むんですよね。

今回はクローゼットの選び方についてまとめてみます。

クローゼットは主に3種類

クローゼットはその形によって大きく3つのタイプに分けることができます。早速みていきましょう。

一般的なクローゼット

各部屋についている、標準のクローゼットです。

扉を開け、手を伸ばすだけで衣服を取り出すことができます。

パイプとハンガーで吊るすタイプがクローゼットですが、これが襖で奥行きもあるタイプになると、いわゆる押し入れですね。

ウォークインクローゼット

クローゼットの中を歩くという名前の通り、歩くスペースがある広いクローゼットをいいます。

一般的にはコの字型にパイプが配置され、3方向に収納することができます。

かつては芸能人のお宅拝見!のような番組で取り上げられると、セレブーな印象がありましたが、最近では結構普及していますよね。

ウォークスルークローゼット

ウォークインクローゼットの一面を開放して、別の部屋にいけるクローゼットをウォークスルークローゼットといいます。

つまり扉が2つあるタイプですね。

ウォークインクローゼットに比べるとまだまだ認知されていませんが、最近人気になりつつあるスタイルです。

ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

では気になるウォークインクローゼットの魅力と欠点を見てみましょう。なんとなく憧れるだけでなく、取り入れたい!と思えるかもしれません。

ウォークインクローゼットのメリット

まず収納量が多いことがあります。単純にスペースが広いからです。

人によっては3〜4畳などちょっとした部屋になるぐらいのスペースを設けている家もあるほどなので、通常のクローゼットに比べて収納できる服はかなり増えます。

また、スペースが広いということは服以外のものも収納できるといえます。

クリスマスツリー、季節家電、羽毛布団…など季節ごとにしか使わないものは、こちらに収納できます。

ほかにも結婚祝いでもらった額縁に入った寄せ書き…なんていう、ちょっぴり収納に困るアイテムも、大事にしまうことができますね。

もう一つメリットがあります。それは、使い方によっては家族の服を集約できるということ。

それぞれの部屋にクローゼットがあれば、洗濯物をそれぞれに持っていかないといけません。でも一つのウォークインクローゼットに集めることができれば、それだけで洗濯の時短になります!

ウォークインクローゼットのデメリット

ただしウォークインクローゼットにも欠点はあります。

それはその特徴でもある奥行きの広さ

実家に押し入れがあった人は思い出してみてください。奥にある物を出すのって、かなり面倒じゃなかったですか?

その奥の物を取り出せるようにウォークインできるスペースがあると言えばその通りなんですが、それはきちんと整理整頓されてこそです…

なんでもかんでも詰め込んでしまうタイプの場合は、結構散らかる形状といえます。

その点通常のクローゼットなら、奥行きがなく手を伸ばす距離に全てが収納されるので、詰め込む原因にはなりません。

またウォークインするスペースがある分、部屋の面積は減っちゃいます。

だからこそ贅沢なイメージがあるんですけどね。

ほかにも湿気がこもりやすいというデメリットもあります。気になる方は換気扇をつけちゃう人もいるぐらいです。

ウォークインがオススメだけど、デメリットを解決したいなら…

スペースの問題はありますが、上で説明したメリットに魅力を感じるなら、積極的に採用してみてはどうでしょうか。

ただしデメリットを払拭する必要があります。

そこでわが家が採用したのは…

ウォークスルークローゼットです!

ウォークインクローゼット違うんかーい

そうなんですわが家はウォークスルークローゼットを採用したのです。

ウォークスルーにした理由1つ目

一つ目は、奥行きがあるスペースで整理整頓された状態を続ける自信がなかったから。

行き止まりがあるとそこに物を置き、さらに手前に物を置き…という押し入れ地獄が復活しそうな気がしたんです。(実家が押し入れ地獄でした)

だから行き止まりをなくしたんです!正面の壁をドアにすることで、ウォークスルーに変身です。その一面分はもちろん収納スペースが減りますが、特に問題はありません。

ウォークスルーにした理由2つ目

もうひとつの理由は、わが家の家事動線にあります。

実はわが家の洗濯機は2階にあります。そしてその横に室内物干しスペースがあり、洗濯はここで全て完結させたかったのです。

だから畳んだ洗濯物をそのままクローゼットに入れたい!と思った時、寝室を経由して収納するのが面倒だったんです。

どこまでもめんどくさがりなわたし…

そこでウォークインクローゼットの物干しスペース側の壁を取っ払うことに。

これにより、物干しスペース側からも寝室側からもクローゼットに入ることができ、楽な家事動線が実現しました!

ちなみに寝室側にクローゼットへ入るドアはありません。なのでクローゼット内の湿気問題も自然と解決しちゃいました。

洗濯機が一階にある家庭でも、干すのが2階の場合はオススメですよ。

ウォークスルー以外の解決策

ただしウォークスルーだと収納量が減ります。抵抗があるならやはりウォークインクローゼットがオススメです。

その場合はどのようにウォークインクローゼットのデメリットを解決すればいいのか、ハウスメーカーの設計士さんともきちんと相談する必要があります。

  • L字型にしてデッドスペースを無くす
  • 突っ張り棒やキャスターを活用して収納を工夫する

なども効果的です。

クローゼットのまとめ

クローゼットについてまとめてきました。わたしのオススメは断然ウォークスルークローゼットです!

きっと家庭の家事動線にあった間取りがあるはずなので、生活をリアルに想像しながら、すてきな家づくりを実現してくださいね。

ブログランキング参加してます↓
マイホームランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました